絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

バレンタインに意外なプレゼント【甘いチョコに心に届く1冊の絵本を添えて】

大人こそ絵本を読んでほしい

 みなさん、最後に絵本を読んだのはいつですか?

 

絵本のことばは「詩」

絵本の絵は「こころの風景」

 

バレンタインに、自分がたいせつに想っている人に贈りたいメッセージ。

言葉にならないことたち

普段、ことばにすると恥ずかしいようなことたち

絵本にのせて届けてみるのはどうでしょうか?

 

絵本の世界観を共有できる相手は、きっとあなたのことをわかってくれる人です。

何に心打たれ、何をだいじにしたいと想っているのか。

感性が通じ合う相手と一緒に過ごす時間は、豊かなで楽しく、そして心穏やかな、どこか安心した時間です。

 

私たち夫婦のデートの待ち合わせ場所は、2人が好きな本屋さんでした。

大好きな本たちの間を歩きながら、待ち合わせの時間までを過ごしました。

 

今日は、私が夫とのそんな待ち合わせのときに一緒に読んだ絵本を紹介したいと思います。

 絵は、子どもの本のノーベル賞を受賞した荒井良二さん。

詩は、私の好きな詩人のひとり、長田弘さんです。

 

森の絵本 

どこかで よぶこえがしました。

でも 見回しても だれもいません。

 

「ここだよ」その声はいいました。

小さな声なのに とても 澄んだ声でした。

  

「いっしょに ゆこう」

「きみの たいせつなものを さがしにゆこう」

小さな声と一緒に、たいせつなものを探しにでかけます。

いろいろなものに出会って・・・ 

 

「だいじなものは あの 水のかがやき」

「たいせつなものは あの たくさんの 花々のいろ」

 

「ほら、あの わらいごえ」

「ほら、この におい」

 

「ほら、この本」その本は子どものきみがとても好きだた本。

「その本のなかには きみの だいじなものがある。

ぜったいに なくしてはいけない きみの思い出が・・・」

 

たいせつなものはいつも近くに、ちいさな声でそこにいるのです。

 私は、最後の本の一節、大好きです。

 

   きみにとって だいじなものは 何?

「すきなひとの 手を にぎると わかる」

その声はいいました。

「ほら、こんなに あたたかい。だいじなものは そのあたたかさ」

 

   きみにとって たいせつなものは 何?

「すきなひとの 目を 見れば わかる」

その声はいいました。

「ほら そのひとの 目のなかに きみがいる」

 

自分が大事なもの、大切なものは自分な大切に想っている人が教えてくれるのですね。

f:id:kiwigold:20170127063008j:plain

 

「森へ ゆこう」

「きみの いちばん たいせつなものが そこに ある」

 

森が息しているのは ゆたかな沈黙 です。

森が生きているのは ゆたかな時間 です。

 

「森」ってどこなんでしょう。

私たちの生きている世界のすぐそばに、こんな「森」がきっとあるのでしょうね。

普段はきづかないままだけれど、だいじなもの、たいせつなものがそこにはある。

 

どこかで よぶ声が します。

   だいじなものは 何ですか?

   たいせつなものは 何ですか?

 

バレンタインの絵本選び

今回初回した絵本の他にも、バレンタインにおすすめの絵本はたくさんあります。

結婚されているカップルには、こんな絵本もおすすめです。

くまふうふのバレンタイン

くまふうふのバレンタイン

くまふうふのバレンタイン

  • 作者: イヴバンチング,ジャンブレット,Eve Bunting,Jan Brett,とくまるようこ
  • 出版社/メーカー: 新世研
  • 発売日: 2000/02
  • メディア: 大型本
 

 バレンタインだからといって、直接「好き」を伝える絵本でなくても全然かまわないと思います。

自分がだいすきな世界を絵本にのせて、甘いチョコレートと一緒にプレゼントしてみるのもいいのではないでしょうか?

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

広告