絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

レオ・レオニの絵本『じぶんだけのいろ』*ぼくとぼくら

今月のレオレオニのカレンダー

今年もあと2ヶ月です。

毎月読んできたレオレオニのカレンダーと同じ絵本。

今月はこの絵本でした。

f:id:kiwigold:20171101053037j:plain

『A Color of His Own』 

さっそく図書館で借りて読んでみました。

 

 

じぶんだけのいろ

おうむはみどり、きんぎょは赤い。

みんなそれぞれ、自分の色を持っています。

f:id:kiwigold:20171101053151j:plain

けれど、カメレオンだけは違いました。

カメレオンは同じ色、自分の色がほしくて、葉っぱの上にずっと居続けました。

f:id:kiwigold:20171101053446j:plain

けれど、葉っぱは秋になると黄色から赤に染まり、最後は落ちてしまいます。

自分だけの色を探してカメレオンは歩きました。

そこで、同じカメレオンの仲間に出会います。

f:id:kiwigold:20171101053421j:plain

カメレオンが悩みを話すと、友だちのカメレオンはこう言いました。

 「ぼくら いっしょに いて みないか?

 いくさきざきで やっぱり いろは かわるだろう、

 だけど、きみとぼくは いつも おんなじ。」

 

谷川俊太郎さんのことば

レオ・レオニの絵本について、谷川さんが絵本のまえがきでおっしゃっています。

 この主人公たちは、自分たちの弱さを恥もしないかわりに、自分たちの強さを誇りもしません。そこに私は、作者の生きものに対する優しさを見ます。

レオ・レオニは何よりもまず生きる喜びを大切にしています。

 

自分だけの色。

いろんな連想が浮かびます。

大事な自分の色。自分にしかない色。人と違う色。

 

そして、カメレオンが最後に出会ったのは仲間。

ぼくときみはいつも同じ色。

なんて優しいことばなんだろうと思いました。

f:id:kiwigold:20171101054213j:plain 

「ぼく」だけ、ではなく「ぼくら」と言えることがどれほど心強いか。

いつだったか、難病で入院中の院内学級の子どもさんが、作文で自身の病気について書いたときに「ぼくら」という主語を使っているのを見たある先生が、「僕だけではなく、この子の中には「ぼくら」と呼ぶ何かがここ(院内学級)にあるんだね」とおっしゃていたのを思い出しました。

 

自分の色があることも、ないことも。 

優しい強さ、柔らかい覚悟。

 

↓よろしければ、クリックして応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ