絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

【お風呂の絵本】子どもがお風呂に入るのを嫌がったときに読みたい絵本5選

お風呂に入りたくなる絵本たち

絵本大好きな息子と一緒に読んだ絵本の中から、これまでにも、「イヤイヤ期に読みたい」「保育園に行きたくないとき」「トイレットトレーニング」などいくつかシーン別の絵本を紹介してきました。

 

▼シーン別絵本のカテゴリーから 

www.kiwigold39.com

www.kiwigold39.com

 

今日は、絵本ノートの中からお風呂に関する絵本を選んでみました。 

お風呂の時間って、親子で一緒にお湯の中につかってお話をしたり、一緒に遊んでみたり。

1日の終わりの子どもと肌で触れ合う大事な時間だなぁって思います。

今日は、そんなお風呂の時間がもっと楽しくなるような絵本たちの紹介です。

 

ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう

子どもたちが大好きなノンタンシリーズの絵本です。

お友だちのタヌキさんやうさぎさんたちがお風呂の中で楽しそうに身体や髪を洗っています。

けれど、ノンタンも外で遊んで泥だらけですが、お風呂が大嫌い。

しゅわしゅわしゅわ〜

絵本の言葉たちが歌っているようです。

そんなみんなの楽しそうな様子にノンタンも思わずお風呂に入ります。

泡いっぱいにして身体を洗いたくなる絵本です。

読み聞かせのときに、ぷの数がどれだけかよくわからず自作でぷぷぷぷぷ〜って読んで息子に笑われました。

  

わにわにのおふろ

結構イカツイわにさんが自分でお湯を湯船にためて、普通にお風呂に入っているのがどこかシュールな絵本。

f:id:kiwigold:20170626053607j:plain

ワニさんのお気に入りのオモチャはロボットらしいですよ。

息子の保育園にもあるらしく、人気がある絵本なんでしょうか。

何がって言われると難しいですが、面白い絵本です。

 

ごくらくももんちゃん

ももんちゃん』シリーズの1冊です。

ももんちゃんがお風呂に入っていると・・・。

いつものように、サボテンさんやきんぎょさん、おばけさんが「しつれいしますよ。ちゃぷん。あぁ〜ごくらくごくらく」って一緒にお風呂に入ってきます。

ももんちゃんのお顔はだんだんまっかっかに。

最後にももんちゃんがお風呂から出たときに、タオルをもったお母さんがやってきて、ももんちゃんがタオルにくるまるシーンがとってもかわいい。

「あ〜ごくらくごくらく」って息子もお風呂で言ってました。

 

はなちゃんおふろ

長新太さんと中川まさひろさんのコンビによる絵本です。

独特のタッチの絵と世界観が広がっています。

お父さんと一緒にお風呂に入っていたはなちゃん。

いつの間にかアヒルやせっけんに乗って、お湯の海を大冒険しています。

f:id:kiwigold:20170626053535j:plain

裸でせっけんに乗っているシーンに、息子が笑いながら「なんでやねん!」とつっこみを入れていました。

おとうさんといっしょ』シリーズの絵本なので、是非おとうさんと読んでほしい絵本です。

 

すっぽんぽんのすけ

こちらは、お風呂ではないけれど、お風呂上がりのあるあるシーンから話が始まります。

お風呂から出て、パジャマを着ない男の子。

すっぽんぽんのまま家を脱出すると・・・

いつのまにかお侍さんになっていて、みんなからは「すっぽんぽんのすけ様〜」って呼ばれています。

途中で猫のミーちゃんを助けに行くことになるのですが、

必殺技はみんなの服を脱がしてすっぽんぽんにしてしまうこと!

なんとも斬新な絵本というか、男の子のアホさ(そこが男の子のかわいらしさなのですが)をお話にしてしまったような絵本です。

 他にもシリーズで「銭湯へいく」「デパートへいく」などが出ているようです。

 

毎日のお風呂

どの絵本もお風呂に入るときに話題にできる楽しいお話です。

お風呂がイヤだぁ〜という子どもさんがおられたら、一緒に読んでみるとお風呂に入りたくなるかもしれません。

 お風呂は好きな子どもさんたちは、絵本を読んでもっとお風呂の時間が楽しくなったらいいなぁと思って選びました。

 

毎日のお風呂。

いつまで息子は母親とお風呂に入ってくれるのだろう。

今は、お風呂のお湯をわざと床にこぼしてビチャビチャにしたり、すっぽんぽんのまま走り回ったり、お風呂も何かと大変です。

けれど、これはこれでいつか笑える思い出になるんだろうなぁ。

 

▼読み聞かせにおすすめの絵本たち

にほんブログ村テーマ 読み聞かせ おすすめ絵本へ
読み聞かせ おすすめ絵本
読み聞かせたいおすすめ絵本
絵本(えほん)、創作、童話、絵童話、児童書、児童文学
絵本

 

↓よろしければ、クリックして応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ