絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

almedahlsの 北欧のきれいなカレンダー

来年のカレンダーはどんなものにしようかな。

カレンダーって、大きさやデザインにもよりますが、結構部屋の雰囲気を左右する存在だと思います。

なので、毎年自分が気に入って、部屋の雰囲気にも馴染むカレンダーを探すのですが、これ!というものに出会ったときはうれしいものです。

我が家には、カレンダーが2つあります。

一つは、ダイニングにある家族の予定などを書き込む用のもの。もう一つは、インテリアの一部として壁に飾っているものです。

 

エリックカールのカレンダー

 今年のダイニングのカレンダーは、『はらぺこあおむし』で有名なエリックカールの絵が描かれたカレンダーです。

 

 ボーネルンドに行った時に見つけて、カラフルでとても美しい絵柄に惹かれて購入しました。

彼の絵本の中から月ごとに違った絵柄が出て来て、毎月それぞれの雰囲気の作品を楽しめます。

カレンダーがカラフルだと、何だか元気になります。

絵本を読んで知っている絵柄だと、息子も喜んで「これ絵本と一緒」と言って、絵本を持って来て教えてくれたりします。

絵本が好きだったり、子どもさんがおられるご家庭にオススメです。

 

エリック=カール・ベストコレクション 2017カレンダー 壁掛け

エリック=カール・ベストコレクション 2017カレンダー 壁掛け

 

 

 

almedahls(アルメダールス)のカレンダー

こちらは、玄関の壁にかけているカレンダーです。

f:id:kiwigold:20161025063227j:image

北欧のファブリックで有名なアルメダールスが作っている布製のカレンダー。

花や果物、動物などの柄があります。私はここ数年毎年気に入って、花と果物を交互に買っています。

とてもきれいで、このカレンダーを壁にかけるだけで部屋の雰囲気が変わって、明るくなります。

家の中の家具を北欧のアンティークで揃えようと少しずつ集めています。大好きなチーク材の家具の色合いとも馴染んでくれるカレンダーです。

が、日付も北欧のものなので、実際カレンダーとして使うには難しいと思います。きれいなカレンダー柄のタペストリーといった感じでしょうか。

 

almedahls アルメダールス・2017年カレンダー(Landskap/70003-500-0017)北欧雑貨 (30×90cm)

almedahls アルメダールス・2017年カレンダー(Landskap/70003-500-0017)北欧雑貨 (30×90cm)

 

 2017年のカレンダーは、どんなのにしようかなぁ〜。

アルメダールスのものは我が家の定番として、今年も購入したいと思っています。

 

広告

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村