絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

ひらがなを楽しく覚えたい!「あいうえお」のおすすめ絵本3選。

楽しくひらがなを覚える

今日は、ひらがなの絵本を紹介したいと思います。

 

わが家の息子は、5月で4歳になったところです。

3歳くらいで、お風呂に貼ってあった絵本の付録のひらがなシートを見ながら、私が『あいうえお・・・』と言っているのを聞いて、歌のように覚えだし、

3歳半くらいで、いつの間にか勝手にひらがなを読めるようになっていました。 

最近では、自分で絵本を読めるのが楽しいのか、ひらがなを一生懸命読みながら、一人で絵本をめくって読むようになりました。

 

今日は、ひらがなを覚えはじめた息子くらいの子どもさんにおすすめの、楽しくひらがなを覚えたり読んだりできる絵本を紹介したいと思います。

『あいうえお』の絵本って、たくさん出版されています。

なので、息子が読んだ絵本が「こんな絵本もあるんだぁ」という1冊になればいいなぁと思い、ジャンルというか、作風の違った3冊を選んでみました。

 

あっちゃんあがつく

これは、過去の記事でも紹介している絵本です。

図書館で借りた当時、写真を撮っておらず残念です。

さいとうしのぶさんの食べ物絵本の絵は、とっても表情豊かというか、動きがあって楽しさが伝わってくる絵柄です。

『あっちゃん、あがつくアイスクリーム』からはじまって、全部たべものシリーズでできたひらがなの絵本です。

濁音なども網羅されています。

1ページに1つの文字なので、ひらがな辞典のようにも使えるかもしれません。

本当におすすめ絵本ですが、あまりにも美味しそうでこの絵本を読むと息子に必ずお菓子をせがまれるのだけが難点です・・・。 

www.kiwigold39.com

 

あいうえおのえほん

こちらは、作風かわって内田麟太郎さんが文、絵は西村繁男さん。

どこかシュールというか、不気味さの漂う感じです。

おばけや妖怪、奇妙な登場人物たちに、息子は釘付けでした。

f:id:kiwigold:20170528055442j:plain

あまがえる、あめ(雨)より、あめ(飴)のあまやどり』から始まって、

『あかちゃん あかん こわがらん』で終わります。

f:id:kiwigold:20170528055502j:plain

文章の内容も一風変わった感じ。

お化け好きの子どもさんが喜ぶ、ちょっとユニークなひらがな絵本です。

 

ぐりとぐらのあいうえお

最後は、有名なぐりとぐらの絵本です。

やまわきゆりこさんの素朴でかわいらしい絵に癒やされます。

f:id:kiwigold:20170528055618j:plain

『あさ いもほり うでまくり えんやらやっと おおきなおいも』

全体にショートストーリーになっています。

最後の「ん」のページもかわいい。 

f:id:kiwigold:20170528062018j:plain

自然のアイテムが多く、きれいで可愛らしくて女の子が喜びそうな絵本です。

 

大好きなことから覚えよう

いかにも知育絵本という本でお勉強として「あいうえお」を覚えるのではなく、

ひらがなも絵本を読みながら、楽しく興味をもって覚えてくれたらいいなぁと思います。

 

ひらがなを覚えるのに、特別な絵本でなくても、普段読んでいる絵本でいいと思うのです。

自分の興味のある大好きなお話があるなら、その登場人物やお話からひらがなを覚えるのもあっという間です。

息子は、『えすえるまんのえ』でひらがなの『え』が”え”であることを覚えました。

色の名前は『トーマスのあお』で青という色名を覚えました。

電車さまさま。

 

ものに名前があることを知ること

音には、それをあらわす文字があることを知ること

考えてみれば、それを覚えていくことってものすごい世界の大転換のような気がします。

 

子どもさんの大好きなものから、言葉がひろがり、世界が広がっていく。

そんなきっかけつくりに絵本は一躍かってくれるおすすめアイテムです。

 

↓よろしければ、クリックして応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 

ブログランキング・にほんブログ村へ