絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

【無印良品週間】ラストスパートで買ったランドリースペースの白アイテムたち。

無印良品週間で最後にお買い物

今回の無印良品週間、2回に渡って買い物へ出かけました。

そして、最後に買ったのがこちら。

f:id:kiwigold:20171125182933j:plain

ランドリースペースで使う白いアイテムたちです。

 ・詰め替え用ボトル

・ピンチ物干用

・スプレーボトル(アルカリ電解用)

・角型ハンガー(中)

・柄つきスポンジ

以前から欲しかったものたちを揃えることができました。

 

アルミ角型ハンガー・中

ポリカーボネートピンチ仕様のピンチハンガーです。

前回の無印良品週間では店頭になく購入を見送り。

今回はネットストアで売り切れになっていました。お店に行くと、逆に今回は在庫があったのでホッとしました。

f:id:kiwigold:20171125183852j:plain

大きさは、約幅37×奥行26.5cm

ピンチが22個ついています。

アルミのシルバーと透明のピンチがシンプルできれいです。

メインのピンチハンガーは、ステンレス製の物を仕様しているので、こちらは干すものが多い時に使うサブ用です。 

ポリカーボネートという素材が、以前のものより耐久性に優れているということで楽しみです。

ステンレス製のピンチもいいけど、やっぱりこういう洗濯バサミ型が使いやすい気がします。

 

ただ、ひとつ心配だったのは、折りたたみ式ではないこと。

収納をどうしようかと考えて・・・

そしたら、洗濯機の側面にちょうどよい大きさの穴が!

f:id:kiwigold:20171126055232j:plain

そこにハンガー部分を引っ掛けてみると、みごとに収まりました。

f:id:kiwigold:20171125184002j:plain

収納問題も解決できたし、見た目もすっきりでよかったです。

 

ピンチ物干用

これこそ、シンプルの極み。

f:id:kiwigold:20171125184200j:plain

写真の上が、これまで使ってきたピンチ

下が、無印良品のものです。

4つ入っていて、無印週間で買えば100円ショップのものよりお買い得かも。

100円ショップのこれまで使い倒したボロボロのピンチと交換です。

 

スプレーボトル(アルカリ電解水

アルカリ電解水を入れても大丈夫な素材でできたスプレーボトルです。

今回は、浴室掃除用の市販の洗剤を入れるために購入しました。

f:id:kiwigold:20171126055621j:plain

これを選んだのは、ボトルが透明でないから。

わが家では、2種類のスプレーボトルを使っています。

<透明スプレーボトル>

クエン酸水(トイレ)

・水ピカ(キッチン)

残りの量が見やすいように、透明ボトルに入れています。

<無印のアルカリ電解水スプレーボトル>

・お風呂用の液体洗剤

→浴室用の市販の洗剤はなぜか黄色いものが多いので、中の色が見えないこのボトルを選びました。

 

詰め替え用ボトル

詰め替え用ボトルを今回はじめて購入した理由は・・・

f:id:kiwigold:20171126055718j:plain

これまで自然派のせっけん系シャンプーを使っていたのですが、年齢のせいか、石鹸でしばらく洗髪していたせいかわかりませんが、急激にくせ毛というか髪がうねるようになってきました。

それで、仕方なく市販のうねり防止のシャンプーを使ってみることに。

そしたら、ものすごく派手なデザインとピンクっぽい液体。

そのままのボトルを浴室に置くのがどうしても嫌で、今回の購入に至りました。

シンプルな白いボトルに詰め替えてホッとしました。

 

問題点が一つ。

シャンプー・リンスのラベルを買い忘れました。

なので、片方は元々のラベルを剥がし、もう一つは付けたままで一応の目印。

f:id:kiwigold:20171126045735j:plain

(画像:無印HPより)

無印の詰め替え用のシャンプーを買うと、その詰替え用のラベルがそのままシャンプーボトルに張替えられるみたいです!

すごくいいアイディアですね。

 

今回の無印良品週間は、けっこうたくさんお買い物をしました。

しばらく、良品週間はないように思うので、日用品を揃えることができてよかったです。

もう一つ、今回買った柄つきスポンジ

意外な使用法で使う予定です、こちらはまた後日記事で紹介したいと思います。 

 

→よろしければ、クリックして応援いただけるとうれしいです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ