絵本のある暮らし

絵本と一緒に小さくかわいく暮らしたい

3歳子連れハワイ旅行 時差ボケ対策②

目次

〜帰りの機内・帰国後編〜

時差ぼけ対策①に引き続き、子どもの時差ぼけについて後編をかいてみました。

 

重要だと思ったのは、以下の通りです。

  • 行きの機内で出来るだけ長く寝かせること
  • 到着した日にお昼寝したら、普段のお昼寝の時間(1時間とか2時間とか)で起こすこと
  • 初日の夜は、現地時間で普段寝ている時間(わが子の場合は21時)には寝かしつけること
  • 帰国日の夜も、出来るだけ普段の寝かしつけ時間に布団に入ること
  • 帰国日の翌日はゆっくりと過ごす

f:id:kiwigold:20170429072902j:plain

 

帰りの機内

10:00 (ハワイ時間)ホテル出発

12: 45 デルタ便にてハワイ出発

朝は7時頃に起きて、空港でもはしゃいでいたためか、飛行機に乗り込んでしばらく大人しく空を見ていたと思ったら、ぐっすりお昼寝してしまいました。

機内食が運ばれバタバタしている物音で1時間半ほどで目を覚ましました。

食事(ほとんどお菓子だけ)をした後は、イヤホンで音楽を聴きながら飛行機の旅をご満悦。

アイスクリームをたいらげ、アップルジュースを全部こぼし・・・

16:10(日本時間) 無事に?日本に到着しました。

 

帰国日

18:30 空港を出発

 いくつか新幹線と電車を乗り継ぎながら自宅へ戻りました。

20:30 帰宅

自宅まで向かうタクシーの中で15分ほど寝て、家に着くと目を覚ましました。

21:00 入浴

21:30 寝かせつけ

タクシーの中で寝ていたので、寝てくれるか心配でしたが、疲れていたのか22:00頃に就寝。

 

帰国日の翌日の過ごし方

朝は7:00に起床。

午前中にお散歩して、昼食を食べて、いつも通りに13:00頃からお昼寝。

1日いつもの生活リズムでゆっくりと過ごしました。特に問題なく元気でした。
夜も21:00に寝かせつけました。
翌日から私たち大人は仕事だったので、子どもは保育園に。
さすがに久しぶりの保育園で嫌だと朝はぐずっていましたが、お迎えの時には元気いっぱいでした。
 
帰国後の時差ぼけもほとんどなく、翌日から日本時間での元の生活リズムに戻れました。

 

私が実践した時差ぼけ対策のポイントは、
今いる場所の時間で、日本での生活リズムと同じ時間帯にお昼寝や就寝をすること。
日本の現地時間を考えるとややこしくなるので、その場の時間でというのがポイントです。

 

 

↓よろしければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

www.kiwigold39.com

www.kiwigold39.com